バイナリーオプション自動売買ツールはほぼ詐欺と思っていい!?

ダウンロードマーケットなどを見ていると
バイナリーオプションの自動売買ツール
販売されていますが、

果たして、こういった自動売買ツールは
再現性があるのか!?

詐欺と思っていいのか!?
という事についてお話したいと思います。

 
どうも、零です。

まー、最近はシグナル配信ツールだけでなく、
自動売買ツールまで、バイナリーオプションの世界に
入ってきてるんですね・・・。

 
こういった自動売買ツールに
再現性があるか!?

と言われたら、答えはノーな訳でして、
FXでも、自動売買ツールは腐る程、売られていますが、
自動売買ツールと言っても、完全に自動という訳ではなく、

それを作成したトレーダーさんが
定期的に相場に合わせて、ロジックを調整して
はじめて、自動売買が成り立つ訳です。

 
1回作って、バックテストの結果が良かったから
と言って、それが、長いスパンで使い続けれるという訳ではなく、
間違いなく、FXでもバイナリーでも自動売買ツールに頼った
トレードをしていると破産します・・・。

 
昨年、FXですが、インフォトップで
比較的良さそうな自動売買ツールが販売されました。

イーグルクロウFXというツールなんですが、
あれなんか、定期的なメンテナンスをする的な事を
セールスレターに書いておいて、

何とまあ、サポート期間中に
購入者サイトがなくなり、販売者とも
全く連絡が取れなくなっていますからね・・・。

 
それで、勝てりゃーいいんですが、
今年の1月からの超円高相場で大損した
という人がかなりいまして。

僕はあーいう自動売買ツールは信用してないし
何より、口座縛りがあるのが面倒くさいんですよね。

 
そもそも、バイナリーオプションの業者って
ほとんどが自動売買を禁止しています。

仮に、それで稼げたとしても、
規約違反になりますので、いくら儲けていようが、
アカウント凍結になります。

おそらく、入金したお金も戻ってこないでしょう。

 
海外の業者は特に、
そういう所はシビアですので、
入金したお金ですらかえってこない可能性のある
リスクをとってまで、バイナリーをやりたいですか!?

って話です。

 
それに、単純にハイローを予測するツールを
作るのって、異常に難しいというか、ほぼ不可能だと
思います(安定して勝ち続けれるツール)

 
勿論、自動売買ツールだけでなく、
シグナル配信ツールも同じです。

矢印サインが出て、その通りにして
勝ち続けれるツールなんて聞いた事がありません。

 
フェイスブックなんかで、
よく宣伝している324,000円のツールなんて
名前が違うだけで、中身は全部同じですから(汗)

勝ってる画像とかも、
じっくり見たら結構なマーチンゲールを
していたりするものです。

 
結局の所、FXでもバイナリーオプションでも
自分の裁量スキルを磨くのが一番、安定して
稼ぎ続けれるという事です。

ですので、どれだけバックテストの結果が
良好でも、自動売買ツールについては、必ず、
疑ってかかるようにして下さいね。

 

PS:今日のトレード結果です。

20160627

 
4勝1敗です。

今日は、ちょっと、動きが微妙というか、
難しい感じがしましたね。

さすがに、先週のポンド円の大暴落の
余韻が残っているのか、相場がギクシャクしている
印象を受けました。

 

(Visited 538 times, 1 visits today)

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです


もしも記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のソーシャルボタンで共有して頂きましたら、とても嬉しいです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

1件のコメント

  •  いろいろ参考になりました。私はこれまで約200万円ほど情報商材(大部分は自動売買ツール)に注ぎこんできましたが、おっしゃる通りほとんど稼げない代物でした。ただ、依田敏夫さんから3万円で譲り受けたTGW(Triple Global Weapon)はサインツールはともかくとして、TGWを使ってのスキャルピングやデイトレの裁量取引には威力を発揮しています。これもおっしゃるとおり、裁量スキルでのトレードが功を奏しているものと思っています。
     ほとんどの自動売買システムが使い物にならない中、想源の後院失火は月利10%の収益を上げ続けています。これはVIX指数を用いており、世界中に50~60あると言われるグループが常時最適化を施していると聞いています。私はこのシステムの永久使用権を有していますが、これからも長期的に利益をもたらしてくれるものと期待しています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください