バイナリーにおけるボリンジャーバンドの使い方とトレード結果

今日から、バイナリーオプションにおける
テクニカル指標をどのように使っていくのか?

という事について、
お話していきたいと思います。

今回は、非常によく使われる
ボリンジャーバンドについて解説します。

 
どうも、零です。

トレンド系のテクニカルで
代表的なのが移動平均線、ボリンジャーバンドに
なると思うのですが、

今回は、そのボリンジャーバンドを
バイナリーオプションおいて、どう使うのか!?
という事について動画にまとめていますので、
是非、参考にして下さい。


 
動画に解説している通り、
1分足では、ボリンジャーバンドに限らず
テクニカル指標って、あんまあてにならないんですね。

とあるブログでは、
レンジ相場で、ボリンジャーバンドに
タッチしたらエントリーだとか、

ボリンジャーバンド3aでエントリー
というのがありますが、

それが30分足とかなら分からないでも
ないですが、1分足でのそういった使い方は
勝率50%どころか30%位になってしまいます。

 
寧ろ、ボリンジャーバンドを
突き抜けたら、様子見をするか

上位足である5分足が同じ方向に
動いているなら突き抜けた方向にエントリーした方が
勝率は高いと思います。

 
ただ、それも1分足特有のノイズに
引っかかってしまうケースも多いので、

僕は基本、ボリンジャーバンド2aに
タッチしたものは見送るようにしています。

 
あと、下記の画像のように
極端にボリンジャーバンドが収縮している時は
次のトレンドが始める可能性が高いので、

トレンドが出た方向へついていくか
トレンドが収まるまで待つか?

という選択肢があります。

borinja

 
上記の画像の場合、
上に広がっていってますので、
短期的には上昇トレンドという事で、
ハイエントリーをベースに考えていきます。

但し、1分バイナリーの場合は
ノイズでやられるケースがありますので、
5分足の流れもちゃんと把握していく必要があります。

 
間違っても、ボリンジャーバンド2aで
逆張りでエントリーというのは、バイナリーオプションでは
かなりの確率でやられるケースが多いので、

ボリンジャーバンドを逆張り的に
使用するのは、かなり危険と言えます。

 
基本はトレンドの方向を
見極めるのに使うという感じですね。

 
という訳で、簡単ですが、
バイナリーオプションを攻略する上での
ボリンジャーバンドについての解説は以上になります。

ちなみに今日のトレード結果は下記の通りです↓↓

20150714
 
8勝2敗で何とか8割キープですね(笑)

ネクストバイナリーで解説しているのに
応用パターンを入れています。

それについては、
購入者メルマガで解説していく予定ですので、
楽しみにしていて下さいね。

 

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです


もしも記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のソーシャルボタンで共有して頂きましたら、とても嬉しいです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

1件のコメント

  • 藤城 岩雄

    今貴殿のこの記事をもう一度、コピーして勉強しなおし中です。
    やはり相場のよしあしが解りません。
    うまく行く場合85%ぐらいの時と、40%台で、一進一退です。
    貴殿の」様に、これと言う判断が出来ないのです。
    貴殿の様に集中できる判断を学びたいと思います。

コメントを残す