山本ファイナル バイナリーというシグナルツールについて

インフォトップをチラッと見たら、
ツイッターなどのSNSで有名な山本和也さんが
山本ファイナルなる商材をインフォトップで
販売しているじゃあありませんか?!

同じバイナリーオプションという戦場で
闘う者として、山本ファイナルをぶっちゃけ
検証,評価したいと思います。

 
こんにちは。零です。

いやぁー、山本和也さんとは
直接、面識はないのですが、ツイッターでは
ガンガンに自作のツールを売っているようで、

実は、今回の山本ファイナルは
山本和也さんの二作目の商材になるんですね。

 
しっかし、セールスレターには、
これでもか!!

と言わんばかりの簡単、片手間、
誰でも稼げる的な言葉が並べられてますねー。

そして、最近、流行りの
人工知能AI!
 

 
はい。人工知能とかLPに書いてしまってる時点で
その商材の信頼度はガタ落ちです(´∀`;)

そもそも、人工知能なんてのは、
そこら辺の中小企業や個人が扱えるもんじゃないんですよ。

それこそ、Googleのような
世界レベルの企業でやっと採用出来るものなんです。

 
だって、人工知能というのは、
ざっくり言ってしまえば、人間の脳に
限りなく近い代物で、

常に自動で学習し、
学習した結果を反映させるという
とんでもないものなんです。

金融関係ならゴールドマンサックスが
人工知能を使っているらしいですが、

まー、よく分からん日本の
しかも、個人が扱える代物ではないとう事です。

 
山本ファイナル以外でも、
ブラックAIストラテジーFX
なんかも、AIを搭載してます!

なーんていうとんでもない
セールスレターを披露してましたが、
単純にRCIの数値をいじっただけのもので
よくあんなセールスレターが書けるなー
と、逆に感心してしまいます(´∀`;)

まー、AIの話は置いておいて、
実際のところ勝てるのか?!

というところですよね?
気になるのは

 

山本ファイナルは勝てないのか?!

 

 
結論から言いますと、完全無裁量で勝てる程
相場は甘くはありません。

特に矢印サインの通りにエントリーして系の
商材は、まず、勝てません。

勝率90パーセントという
とんでも数値を出していますが、
バイナリーオプションで勝率70パーセント以上
を安定して出すのは至難の業なんです。

 
そんな私も80パーセントという
とんでも数値を出していますが、

私の場合、9割は裁量でやっているのと
苦手な相場は徹底して避けているから、
安定した勝率を残していける訳です。

よく、どの時間帯が勝ちやすいですか?

という事を聞かれますが、
相場は生き物ですので、今日は9時台が
勝ちやすかったという日もあれば、

いやー、今日の9時台はエントリー出来ませんわー
という日もあるんです。

なので、日によってトレードする時間帯も
バラバラなんですよ。

ひたすらボリンジャーバンドにローソク足が
張り付いて、時々、上下してなんてのが続いてる
時なんかは、その一時間は勝負をしません。

span style=”color:red”>山本ファイナルはチャートを開けたら
いつでもどこでもエントリーチャンスがある
的な事を書いてますが、そんなもんはありえない訳で

span style=”color:red”>一定の裁量は必要なんです。

 
あくまでも、参考程度に山本ファイナルを
使うというのはアリだとは思いますが、参考程度の
インジに138000円は高すぎるように私は思います。

まぁ、間違っても、これさえ手に入れれば、
自分も勝ち組になれるなんて幻想は抱かない事です。

山本和也さんのツイッターもよーく見てみたら、
いかにも、これ、サクラぢゃね?!的なユーザーの
ツイートばっかですからね。

まー、ラインサポートを永久にやる
という部分だけは評価出来るかなとは思いますが。

 

(Visited 418 times, 2 visits today)

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです


もしも記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のソーシャルボタンで共有して頂きましたら、とても嬉しいです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

3件のコメント

  • 購入者

    山本ファイナル買いました。
    矢印が出て(アラーム音無し)その後にインジケーターを見ながら裁量判断でエントリー。
    マニュアル通りエントリーして1勝13敗です。
    やられました。

    • hamudesitasan

      14万出してそれはないですね(汗)

  • 名前

    山本ファイナル

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください