ハイローオーストラリアのターボ攻略に上位足は必須と思う今日この頃

ハイローオーストラリアが
バージョン2.0になり、引き分け
という概念がなくなり、更に、微妙にですが
約定がスベるケースが増えています。

ターボ(1分バイナリー)を攻略する上で、
この改定はかなり、ハードルが上がったと言えます。

では、どうやってハイローオーストラリアで
60セカンズを攻略するのか?!

という事について、お話したいと思います。

 
こんにちは。零です。

いやぁー、ハイローオーストラリアは
昔のバージョンに比べて使いにくくなりましたね。

引き分けという概念がなくなり、
レートが動かないと負けというなんとも
トレーダー泣かせなプラットフォームに
なりました。

 
ですが、海外バイナリーで、
まともなのはハイローオーストラリアくらい
なのは事実な訳でして、

引き分けがなくなった分だけ
60セカンズでは1.9倍という
業界最高レベルのレイアウト率に
なっている訳ですから、

全くダメになったとは言えなかったりもします。

変なマーチンゲールをしなくても、
負けの額も減らせますしね。

 
ですが、引き分けがなくなった事で
より勝負はシビアになったのは間違いない訳で、
特に短時間取引では、よりシビアになったと言えます。

そんなハイローですが、
攻略するには、やはり、1分バイナリーなら
1分足チャートは勿論

5分足チャートは最低でも必須と言えます。

まずは、相場全体の流れを把握する事

1分でも、5分でも一定のローソク足が
形成されているか?!

が、攻略のカギになります。

最近では、深夜4時以降も60セカンズが
出来るようになっていますが、指標も何もない
深夜4時というのは、ほとんどレートが動かないんですね。

故に、エントリーしても
レート自体が動かないんで
引き分け=負け

という残念な結果になりやすい訳です。

勿論、深夜でもレートが動く時は動きますし、
深夜以外の時間以外でも、ほとんどレートが
動かないケースもあります。

そういう時は1分足チャートだけでなく、
5分足、15分足、1時間足チャートを観て、
今、相場がどのように流れているか?!

という事を把握する必要があります。

1時間足チャート自体、
あまり、バイナリーでは使用しないのですが、
1時間足チャートでもローソク足がクッソ小さい
時があるんですよね。

1時間で5ピプスも動かないとか(汗)

 
あまりにも、一方的なトレンド発生
例えば、ボリンジャーバンド2σにローソク足が
張り付いて離れない動きの場合、

バイナリーオプションにおいては、
非常にトレードの難易度が上がりますが、

逆に、あまりにも動かない相場も、
トレードの難易度を更に引き上げてしまうんですね。

 
昔なら、引き分けならオッケーでしたが、
今は、引き分け=負けですので、レートが動かない
時はトレードを避ける事が安定した勝率を残せる
カギとなってくる訳です。

MT4ならワンクリックで
1分足、5分足、15分足、1時間足
と、チャートを切り替え出来ますので
(ちなみに私は1分足チャートと5分足チャート、
15分足チャートを同時に表示させています)

1分足チャートだけでなく、
上位足チャートを観て、一定、レートが
動いているか?!

という事を確認してから
トレードに臨むと、勝率も安定してきますので、
是非、参考にして頂ければと思います。

 

(Visited 254 times, 1 visits today)

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです


もしも記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のソーシャルボタンで共有して頂きましたら、とても嬉しいです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください